注文建築

家づくりの思い
予算の中で想像以上の住まいを創り上げる。それがJSDのセミオーダーシステム

フルオーダーの注文住宅においては、全てをお客様の意のままに創ることができますが、その分予算に限りがありません。一方建売住宅は比較的手ごろな価格設定になっているものの、間取り、設備、建材などを自由に決めることができません。
しかし建売でも注文住宅でも、予算あってのものですから、優先順位を決定したうえで何かしらの妥協はつきものです。「建売では物足りない。でも、注文住宅ほど予算を掛けられない。」そんな方におすすめしたいのが、JSDのセミオーダーシステムです。
JSDのセミオーダーシステムは、建売住宅のような手ごろな価格でありながら、ワンランク上の設備や建物仕様を実現し、さらに予算の中でできるだけ多くのご要望に応えていく、当社自慢の出精プランです。
なぜJSDのセミオーダーシステムが選ばれるかというと、当社には建設用地となる土地の仲介事業があるため、一般的な住宅会社のように建築だけで利を追及する必要がなく、同じ予算でも他社と一線を画すプランがご提案できるのです。
そんな私たちJSDが、どんな思いで家づくりに取り組んでいるのかをご覧ください。

スタートからつまづいていませんか?

「家づくりを始めよう!」とお考えになられて、お近くの住宅展示場へ行ってみたり、ハウスメーカーへ資料請求をされたご経験がある方は多いと思います。
しかし、いざ家づくりに踏み出すと・・・「土地はお持ちですか?」「こちらの素材がオススメです!」「ご予算は幾らぐらいですか?」「今月ご契約いただければ無料でオプション付けます!」などなど、たくさんの企業から案内攻めにあったことがある方も多いのではないでしょうか。
事実、当社にお越しになったお客様からも、「家づくりって一生に何度もないことなのに、自分のペースで考えることができないものですね・・・」というお声をたびたび耳にします。
きっと接客した営業マンは、自社のアピールに懸命だったのでしょう。しかし、まだ家づくりを始めたばかりのお客様とはかなりの温度差があり、残念ながら一生懸命さが裏目になってしまいました。
しかもお客様に“家づくりは大変!”という印象まで与えてしまって・・・。 JSDは、この様に家づくりを始められたお客様と建築会社との不幸な出会いを、少しでも減らしたいと考えています。

家づくりは大変なのかな?

本当に家づくりは大変なことなのでしょうか?先にもお話ししたように、家づくりを始めたばかりのお客様にとって、いきなり質問攻めされると引いてしまうのは当然ですね。
接客した営業マンが聞きたいことを聞き、言いたいことを言っているだけだとこうなります。本当ならお客様が聞きたいことを聞き、言いたいことを言える状況でなくてはなりません。
ではなぜそうしないのでしょうか?答えは「時間がかかるから」です。
家づくりを始めたばかりのお客様は、云わば素人です。ひとりひとりの聞きたいこと、言いたいことにひとつひとつ対応していると、時間と労力がかかります。そこで住宅会社は自社のメリットを一通りアピールし、あとはお客様の情報を引き出そうとなりがちなのです。
しかし、それではお客様が家づくりを自分のペースで楽しむことはできませんし、これからパートナーとしてタッグを組む住宅会社に心を開いてお話ししてくれるはずがありません。JSDは、お客様の目線で家づくりを見つめ、お客様のペースに合わせてひとつひとつ積み上げていきたいと考えています。

どうすれば家づくりを楽しめる?

お客様のペースで、どんな些細なことでもひとつひとつ納得しながら進める家づくり。これなら理解を深めながら家づくりができるのできっと楽しんでいただけると思います。
それにこのように家づくりを進ると、様々なお客様から暮らし方に関するたくさんの意見をお聞きすることができるので、当社にとってもとても勉強になります。
ご夫婦お二人で暮らしている方。元気いっぱいのお子様がいらっしゃるファミリー。車やバイクなどがお好きで、広いガレージをご希望の方などなど...
ご家族の数だけライフスタイルがあり、ご要望があります。それらをお客様との打ち合わせでお聞きできるのは、私たちにとってとても貴重な時間であると同時に、それらを現実の住まいに反映させなくてはならないという使命感を抱く瞬間でもあります。
そしてお互い真摯に向き合っていると、自然と心の壁もいつの間にか取り払われ、お客様が「もっとこんな風にできないかな!?」とグイグイきていただけるようになるのですが、あの瞬間「よしっ!」と机の下でガッツポーズしていますね。(笑)
お客様は当然のことと思いますが、私たちも家づくりには熱い思いで取り組んでいます。きっとお互いの熱が伝わるからなんでしょうか、お打合せがついつい長引いてしまうこともしばしば・・・。でもこれって楽しくないとできませんよね?
こんな私たちと一緒に、家づくりを楽しんでみませんか?

感動のプランを作りましょう
何でもお聞きください。何でも仰ってください!

まず最初に、お客様のご要望を実現可能か不可能かは抜きにして、何でも仰ってください。私たちはお客様の“夢”をお聞きすることから始めています。もちろん、お客様のご要望をただパズルのように組み合わせるだけではありせん。私たちが大切にしているのは、お客様のご要望を十二分に理解した上で、更に暮らしやすい住まいをご提案することです。
例えばまだ小さなお子様がいらっしゃるご家族の場合、お子様の成長とともに使い勝手のいい”住まいのかたち”は変化すると考えています。そこで、いまは部屋数が必要なくても、将来子供部屋として部屋を分割できるように間仕切りが可能なプランをご提案することもあります。
最初から“理想の住まい”を明確にイメージしているお客様はごく僅かです。具体的なご要望をお持ちの場合でも、実現が困難な要素が含まれていることも珍しくありません。お話をしていくなかでご要望を整理し、優先順位をつけて、お客様が本当に暮らしやすいと感じられる住まいを導き出すのが私たちの役目です。
お客様目線でお話しを聞き、プランの提案を重ねていくうちに、お客様のイメージも少しずつ鮮明になっていきます。こうしたキャッチボールを重ねていけば、「これしかないね!」という感動のプランが出来上がります。

これまでの生活、そしてこれからの夢を教えてください

JSDでは、プランを作り始める前にまず初めにお聞きしていることがあります。それは、“新しい住まいでどような暮らしを送りたいか”ということです。
たいていの住宅会社が最初にお聞きするのは、ご家族構成、部屋数、設備、デザインなどといった「ご要望」から入ることが多いようです。しかし本当にご家族に合った家をつくるためには、そのご家族の暮らし方を把握しなくてはいけないと考えています。
例えば、ご主人様が自宅でも仕事ができるように書斎が欲しいというケースがあります。ただ書斎といっても、プランの仕方は何通りも考えられます。
静かに自分の時間に没頭できる閉鎖的な空間を好む方がいらっしゃれば、仕事をしながらでも家族の気配を感じられる開放的な空間がよいという方もいらっしゃるように、どのような状況で書斎に入るのかにより、配置は変わります。
次に初めて二世帯住宅を考えられているケースによくある例を挙げます。ご家族皆様は新しい家でどのように食事の時間を過ごされるのでしょうか。家の完成後も別々に食事を召し上がるのであれば、特にダイニングを広くする必要はありませんが、ご両親も子世帯も一緒に食事することを楽しみにしているなら、大きなテーブルを置けるスペースが必要になります。
このように、「ご要望」をお聞きするだけでは、本当の暮らしやすさをご提案することはできません。まずはお客様の現在の暮らし方を教えていただき、それが新しい家ではどのように変化するのかを具体的にイメージすることが、良いプランを生み出す秘訣だと私たちは考え実践しています。

お客様自らお話しいただける環境があります

先にお話ししたことからもお分かりいただけると思いますが、家づくりはお客様のプライベートを曝け出すに等しいといえます。毎日の暮らし方やご家族間の関係に限らず、資金計画に至るまで私たちにお話しいただくことが、良い家づくりに結びつくからです。ですから、全てをありのままお話しいただくことが大切です。
しかし話す相手により、「そこまで踏み込んだ話はしたくない・・・」と感じることがあるかもしれません。しかし、そこまでの信頼を置けないの営業担当者や住宅会社であれば、そこに家づくりを依頼すること自体が大きなリスクとなります。
「この人なら気兼ねなく話せる」、「親身になって話をきちんと汲み取ってくれる」と信頼し、安心して任せられる。そんな営業担当者や住宅会社を見つけることが、良い家づくりの第一歩でしょう。
JSDの営業スタッフには、お客様の懐に土足で踏み入るような行為を許していません。そのようなマナー違反をする人間に、良い住まいづくりなどは到底できないと考えているからです。全てはお客様に最高のご提案をするため。私たちは必死にお客様の信頼を得ようと行動します。ぜひお客様自身でお確かめ下さい。
何でもお話しいただける環境が整って初めて、本当の家づくりがスタートすると、私たちは考えています。

工夫と遊びゴコロを大切に

JSDは、建売や分譲住宅では物足りないけど、フルオーダーの注文住宅まで予算がない、そんなモヤモヤした気持ちのお客様に「遊びゴコロをもった住まいづくり」を提案しています。
東京都内は地価が高く、土地を買って住宅を建てるとなると、大きな金額が必要となります。そのためどうしても土地が狭くなったり、建物予算を圧縮せざるを得ない状況になりがちです。JSDはそういったお客様に、限られた予算内でも工夫次第で快適で楽しい空間を実現できることをお話しすることから始めています。
「予算は限られているけれど、家族みんなが楽しめる家にしたい」お客様のそんな願いが実際にカタチになった例をご紹介します。

ライフスタイルに合わせて用途が変わるダイニングカウンターテーブル

小学校低学年のお子さんがいらっしゃるご家庭で、お母さんが夕方キッチンにいる時間、お子さんがダイニングテーブルで宿題をする、なんてことありませんか?
でもお料理が出来上がってくると、テーブルのスペースが足りなくなってきて、終いにはお子さんをリビングに追いやってしまう、なんてことありませんか??
このような時に重宝するのが、ダイニングカウンターテーブルです。お子さんにも目が届き、お母さんの動線やスペースをしっかり確保してくれます。またお子さんが成長されライフスタイルが変化しても、今度はパソコンスペースにしたり、趣味の品を並べて家族のミニギャラリーにしたりと、様々な用途があります。
ハウスメーカーでは、高額なオプションになりがちなものも、JSDではリーズナブルに実現可能です。

我が家の秘密基地!?大容量収納で居住空間を広々快適に

収納は多いに越したことはありません。しかし、リビングや寝室などには必要最低限にした方が、その分居住空間を広々とることができます。
そこで、屋根裏やリビング天井に収納スペースを設けてはいかがでしょうか。建売住宅の見学に行かれた際に、部屋が広いのは気に入ったけど収納が少ないなんて経験はありませんか?JSDは空間をなるべく有効活用することで、便利で快適な住空間を実現しています。
屋根裏収納は、高さ・面積・断熱性を考慮すれば、建物面積に含めないスペースとして活用することができす。収納スペースとしてはもちろん、書斎や趣味のスペースとして活用することもでき、さながら我が家の秘密基地になるかもしれません。
大手ハウスメーカーなどでは、大容量の収納をウリにしたシリーズがあるほど人気のプランを、JSDではリーズナブルに実現可能です。

洗濯物が多いご家族に最適。BBQもできる大型バルコニー

1日に複数回洗濯されるご家庭では、洗濯物を干すスペースが重宝されます。
敷地が狭小地域の建売住宅では、屋内スペースを広く確保することが通例なため、「バルコニーが広い狭小住宅」は需要が限られるため供給も少なくなります。しかし、バルコニーを広くするためだけにハウスメーカーで建築するというのも現実的ではありません。
このように、「これだけは譲れないけど予算は限られている」といったご要望にもJSDは応えています。

雨の日も運動不足にならない。子供部屋に遊具があるお家

建築をお考えになってから、本屋さんなどで建築実例集が紹介された雑誌などをご覧になったことがあるかと思います。
そこで、リビングの吹き抜けに露出した梁から吊るされたブランコで、楽しそうに遊ぶ子供の様子などをご覧になったことがありませんか。注文住宅ならではといった感じですが、JSDではそんな遊びゴコロをとても大切にしています。
新しいマイホームで、ご家族皆さんの笑い声がリビングに響くことを、私たちも望んでいます。JSDでも、これまで子供部屋にウンテイを設置したり、リビングにハンモックが吊るせるようにしたりと、暮らしの中にちょっとした遊びを演出しています。

良い土地を選ぶ方法
道路と敷地の状況をチェック

まずは道路と敷地の関係を見ます。例えば、南道路の場合は敷地全体の日当たりが良く、北道路の場合は南側の家の影になる可能性があります。道路が二方向に接した角地なら、建物と駐車場を比較的自由に配置できます。
次に、道路を行きかう人や車などの通行量を確認しましょう。小さなお子様がいらしゃるご家庭では、車の交通量が多い幹線道路や抜け道などに面した土地は避けた方が安全です。人通りについては、多いと「賑やかで安心」と思うか「落ち着かない」と思うかは考え方次第なので、お客様の嗜好に合ったほうを選んでください。また、日中と夜間の違いもあります。太陽が出ている昼間は気付かなくても、夜になると外灯がなく真っ暗ということもあります。この点も考慮するといいでしょう。
最後に道路と敷地との高低差を確認しましょう。道路と敷地がフラットな場合、外構工事が塀や駐車場だけで良いのですが、高低差がある場合、盛り土や切り土が必要となります。建物を建てる敷地が接道より2メートル以上高くなるような土地は、駐車場を掘り込み式にする場合があり、費用がかなり上がってしまいます。外構回りに掛かる費用が、建物の建築費用よりも高くなるという事例もあります。
こういった土地は、往々にして相場よりも価格が安い場合が多く、衝動的な購入意欲に駆られてしまいがちですが、結果的には高い買い物になる可能性があります。ご購入前に、外構回りの費用も考えて選ぶといいでしょう。

道路と間取りの関係を考えてみる

敷地の南側に道路が面している玄関が「南入り」の土地は、日当たりが良く人気があります。しかし、必ずしも南入りの土地にこだわる必要はありません。東入りや西入りの土地の方が、間取りの工夫次第では快適な住空間を作りやすいからです。
一般的な間取りでは、リビングを明るい南側に設けて日の光を取り込みます。ところが南入りの土地では、駐車場や玄関へのアプローチを家の南側に設けることが多いため、リビングからの眺望に駐車場が見えることになります。場合により、道路を行き来する人の視線が気になるかもしれません。落ち着いてリビングで寛げるようにするには、設計を工夫したり、植栽によるカバーなどが必要となります。
その点東入りや西入りの土地なら、南面にリビングがあったとしても窓からは駐車場や道路が直接目に入らず、外からの視線を気にする必要がありません。気を使うことなく落ち着いた雰囲気が得られます。

好みに合わせて、土地を選ぶ

人により住環境に対する好みは様々です。賑やかで開放的な土地が好きな方もいれば、静かで落ち着いた佇まいを求める方もいらっしゃいます。複数の区画を有する分譲地を例にしてご案内します。
開放的な場所を好む方には、表通りに面した土地や角地が良いでしょう。この様な場所は、人通りが多く見通しも良いので「賑やかで安心」というメリットが得られます。一方、落ち着いた場所を求める方には、その街区の住民だけが行き交う道路に面した区画をおすすめします。日当たりの良い公園の隣地などは、あまりお薦めできません。不特定多数の方が出入りするため、静かな環境を好む人にとっては「騒がしくて落ち着かない」と感じてしまう可能性があるからです。
日当りや道路面などが一般に良いとされる条件と、お客様自身の好みが一致しない場合もあるのです。ご自身にとって心地よいのはどのような環境なのか。優先順位などを決めて土地を探されるといいでしょう。

日当りと風通しと周囲からの見え方をチェック

日当りや風通しは、誰もが気になるチェックポイントだと思います。しかし、これらは1度や2度の現地見学では把握できません。時間や季節によって異なるものですし、また周辺環境の変化でも大きく異なるのが事実です。
日当りに関しては、季節により太陽の角度も変わるため、周辺環境に起因する部分も含め、冬は差し込まなかった太陽光が、夏になった途端燦々と射しこむようになるということもあります。更に風通しに関しては、窓の配置によりコントロールできる場合も多いため、当社では設計段階で詳しくご案内しております。
もう1つのポイントは、周囲からの見え方です。住宅地などの建物密集した地域では、隣家の窓や集合住宅の廊下などから、室内が丸見えになってしまうこともあります。そういう場合は、窓の配置や植栽配置の工夫などによって回避できる場合が多いので、ご安心ください。

水道などのインフラ設備の引き込みをチェック

上物付(古家)の土地の場合、既に水道が引き込まれていることがほとんどですが、その水道の引き込み径がどれくらいかが、重要なチェックポイントとなります。
築年数が経過している家の場合、多くは13mm口径の水道管が道路より引き込まれていますが、水量を考慮して13mmから20mmに替える場合、当然工事が必要となります。地域によって異なりますが、30万円以上掛かることもあり、更に水道の本管が建物より遠くに位置する場合、工事費がかなりの額に及ぶこともあります。
土地をご購入される際、重要事項説明の中で必ず水道口径について説明がありますので、そのまま使えるのか、もしくは変える必要があるのか確認しましょう。
加えて、意外と見逃しがちなのが電柱の存在です。敷地の角に立っていれば問題ありませんが、位置によっては駐車場や玄関アプローチの場所が限られてしまいます。新規開拓分譲地などでは、後から電柱の設置が行われる場合もあるため、予め配置について確認するのがいいでしょう。

気になる土地が見つかったら、異なる時間帯に何回か見学してみましょう

土地の現地見学は、可能であれば朝と夕のように違う時間帯で2回行うといいでしょう。日当たりや風向き、道の通行量など、時間によって変わる状況を確認できます。可能であれば季節により、太陽の光が射す角度も変わるので、季節ごとの変化も確認したいところですが、その土地が他の方に売れてしまうこともありますのでご注意ください。
土地は、決して安い買い物ではありません。面倒でも手間暇をかけて、じっくり吟味することで、より大きな納得と満足を得られる土地選びになります。
JSDではお客様の土地探しもお手伝いしております。ぜひこちらをご覧ください。

家づくりの流れ
1 住まいづくりのご相談

ご要望条件のお伺い・工法のご紹介・ご予算・資金のご相談・スケジュールのご相談
はじめての家づくりは、疑問やわかならないことだらけだと思います。「何をしたらいいの?」「何からはじめたらいいの?」「実際に何にいくらお金がかかるの?」「住宅ローンのこと?」など 家づくりに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

2 土地のご相談

土地のご相談
敷地の状況や周辺の環境など、実際に現場を確認し、お客様のご要望・ご予算をもとに、ご家族にピッタリのマイホームプランを制作いたします。

3 初回ご提案 プラン・仕様 お打ち合わせ

敷地調査のご報告・プランのご提案・仕様・設備のご提案・概算予算のすりあわせ
お客様のご要望をお聞きしながら具体的なプランのお打ち合わせを行います。 お客様に不安のないよう、細かな仕様・設備まできちんと決めていきます。

 

修正プランのご提案・仕様・設備のご提案・資金計画のご提案
正式な測量により、建築可能面積や隣家との境界など、敷地の綿密な調査を実施します。また、法規と様々な規制や規定の確認と同時に、各種申請を行います。

4 土地契約

当社にてご契約承ります。

5 建築契約

最終見積書のご提出・構造計画の結果ご報告・建築確認申請書類準備
基本プラン、見積書、仕様書、スケジュールをご確認の上、ご納得いただけましたら、契約書にご捺印をいただきます。

6 地盤調査

地耐力調査
家を立てるときには、必ずしなければいけない調査のひとつ。家を建てる土地の硬さを調べ、地盤沈下などの欠落が起こらないような基礎を選ぶための調査です。

7 確認申請

建築確認申請書提出
設計が法律に合致しているかどうかの審査のため役所に申請。これが通らないと着工できない。

8 地鎮祭 施主により

地縄張り・近隣ご挨拶・地鎮祭
これは、お施主様の希望によりますが、工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく長くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

9 着工

基礎工事開始
この工事で建物の基礎構造をつくります。 地面を堀り、そこに割栗石を敷き鉄筋を組み上げ、型枠で囲んでコンクリートを流し込みます。

10 基礎工事

配筋検査
骨組みとなる鉄筋の検査は、住宅保証機構の検査員による入念なチェックが行われます。

11 上棟工事 上棟式は施主により

上棟式
上棟とはその名の通り棟が上がること。あともう少しで完成です。棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式。

12 3階建ての場合

構造検査立会い
構造体が確認できるときに住宅法相機構の検査を受け合格しなければ「まもりすまい保険」(10年保険)に登録できません。そしてパナソニックの専門家が一棟一棟綿密な構造計算で正しく結成ずどおり施工しているか検査員が厳しくチェックします。

13 竣工検査

竣工検査・ローン交付手続き・登記手続き・税・諸費用手続き
完成後、建物が建築基準法と関連規定に適合しているかどうかを調べます。

14 お引越し・ご入居/アフターメンテナンス

鍵などお渡し・お引越し
いよいよ念願のマイホームをお客様にお引き渡しいたします。全てが完了致しましたら、お引き渡しとなります。設備等の使用方法やメンテナンスの説明を行い、各種保証書と鍵をお渡しいたします。
お引き渡し後、末長いおつきあいが始まります。まずは、竣工直後の細かな不具合があれば迅速に対応させていただき、メンテナンスやリフォームのご相談にも迅速にお応えします。

保証&アフターシステム
地盤保証

地盤の不動沈下による建物の損害を保証するものです。不動沈下が原因の住宅の原状回復費用並びに補修工事期間に必要とされる仮住居とその費用を、1保証対象物件、1事故につき最高5,000万円までお引渡し日より10年間保証します。

住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険(10年)

JSDが施工する新築住宅全棟には、平成21年10月1日よりスタートした『住宅瑕疵担保履行法』に基づき、国交省が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人である住宅保証機構株式会社の住宅瑕疵担保責任保険を付保しています。
これは、住宅の中でも特に重要な部分である構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分の瑕疵に対する補修費用等が支払われる保険で、工事中に2回の検査が実施されます。
これにより、JSDが新築する住宅全棟は、なお一層の施工品質の維持管理を行い、お客様により安全で安心な住宅を提供させていただくこととしています。

Copyright © 2019 JSD All Rights Reserved

​株式会社ジェイ・エス・ディー

京王線・小田急線・世田谷区の不動産

住所:東京都世田谷区南烏山6-7-16

Tel:03-3300-6485

Fax:03-3300-7741

営業時間  9:30~19:00

定休日:第1・3火曜日、毎週水曜日

http://www.jsd-1.com/